メニュー 閉じる

鼻先の手術

KOKO美容外科の鼻整形の特別さ

手術対象

1.鼻先が低く、鼻が全体的に低く見える場合

2.手術後、鼻先ラインが下がってしまった場合

3.鼻先が短く、顔とのバランスが合ってない場合

4.手術後、鼻先のみ再手術を希望する場合

鼻先/軟骨整形

低い鼻先に軟骨やアロダーム(無細胞真皮)などを移植して高める手術方法と鼻先の軟骨の一部を除去し、丸い鼻先のボリュームを縮小する手術方法があります。鼻先をより高めるためには自家軟骨や人工骨(Medpor)で鼻柱を作った上に軟骨を移植します。鼻先の軟骨の先を整える方法だけでも丸い鼻先をスッキリした鼻先にしたり、下がっている鼻先を少し高められます。個人別の鼻の形や顔のバランスを合わせて手術方法を決めることになります。

手術方法

軟骨切除術

軟骨縫合術

鼻先を高める

低い鼻先に自家組織(軟骨)やアロダーム(無細胞真皮)などを移植して鼻を高める手術です。
また、鼻先をより高めるためには先に自家軟骨などで鼻柱を作り、その上に軟骨を移植することもあります。

手術方法

鼻先の隆鼻術

鼻柱移植を利用する鼻先の隆鼻術

手術後の注意事項

1.手術3日後、テープを除去します。

2.手術後一週間はアイスパックで随時に冷やしてください。

3.痣ができた場合、手術後一週間目からホットタオルで温めてください。血液循環が良くなり、 浮腫みや痣が早めに取れます。

4.抜糸前の洗顔する際、手術部位に水が当たらないようにご注意ください。水に浸したタオルで手術部位を除いて拭き取ってください。

5.通常の洗顔とお化粧は抜糸後の翌日から可能です。

6.手術後4週間は眼鏡の着用はお控えください。

7.大凡6週間程、プレテーゼや軟骨が安定するまでは鼻周辺に衝撃や圧力を加えないないようにご注意ください。(寝る時、横向きになったりうつ伏せになったりする姿勢はお控えください。)

8.炎症の予防のため、お酒とたばこは一か月間お控えください。