メニュー 閉じる

目の再手術

目の再手術の対象

TYPE1.二重のラインが高い場合

二重のラインが高い場合は二重のラインを過度にデザインした場合が多く、不必要な脂肪組織が多い場合にもあります。
術後、腫れが引かれた時にも二重のラインがあまりにも高くで腫れるように見える場合には再手術が必要です。

二重のラインが高い場合(軽度)

二重のラインの高さが軽い場合、切開法で簡単に解決することが可能です。

二重のラインが高い場合(過度)

二重のラインの高さがあまりにも高い場合、簡単に解決することが可能です。

ソーセージ目(軽度)

二重の下の筋肉量を縮小して二重の食い込みの程度を弱めにして簡単に修正します。

ソーセージ目(過度)

普通の‘二重のラインの高さが高い(過度)’と併合された場合が多く、手術方法は 普通の‘二重のラインの高さが高い(過度)’と同一です。

ソーセージ目

TYPE2.不足な二重のライン

二重のラインが低い場合

1.二重のラインをあまりにも低く作り、腫れが引かれた後、奥二重になった場合
2.二重のラインが取られた場合
3.時間が経って瞼の皮膚がたるんで二重を被った場合

1~2番:状況により埋没法や切開法で二重のラインを広めたり、修正します。

3番:たるんだ皮膚を一部除去して二重のラインを作り直します。子の場合、初手術とは変わらないです。

取れた二重

ほとんどの非切開法や切開法で簡単に再手術が可能です。

TYPE3.歪曲された二重

二重のラインが一行ではなく、複線で見える二重のことです。この場合、目が凹んで見え、強い印象に見える場合や二重のラインがつぶれて見え、目もとが不自然な場合には再手術が必要です。

三重線

多くの二重のラインの中、希望する二重のラインを強く作ると弱い三重線が簡単に解かれます。酷い場合には筋肉の再配置や脂肪再配置などを並行します。

ひずんだ二重のライン

希望する二重のラインにデザインした後、皮膚を切開し、適切な再配置を通じて再手術を行います。

TYPE4.不自然な二重

目の手術の際、二重のラインをあまりにも強くつくったり、切開の傷跡が大きくて整形したことがわかる場合には再手術が必要です。

食い込みが強い二重のライン

二重のラインの強度を弱めにして簡単に再矯正します。

切開の傷跡が目立つ二重のライン

手術部位の傷跡が目立つことです。

再度縫合する方法で再手術を行います。
(傷跡が酷い場合、太ももの内側から真皮脂肪を取って移植する必要)

TYPE5.左右非対称

両目の二重の位置が違って不自然な場合、再手術が必要です。

左右非対称

両目の二重の位置が違う場合、気になる二重のラインに合わせて対照的に再手術します。

再手術が可能な時期

1.1次手術後、6ヶ月程度過ぎてからこそ正確な判断ができます。
2.簡単に鼻筋を高める隆鼻術をした場合、手術後、3ヶ月以内でも再手術が可能です。
3.炎症が生じた場合、炎症が収まった後に可能です。
4.状況により1年の時間が必要な場合もあります。

手術後の注意事項

1.手術後、令湿布は手術直後から腫れが引かれる時まで続くことが良いです。
2.手術後、個人差により腫れや痣が生じる可能性があります。睡眠時には、うつ伏せまたは横向きは禁じ、柔らかい枕(及びクッション)を2~3個くらい重ねて寝ると腫れや痛みを抑えることに役に立ちます。
3.涙をたくさん流したり、瞼を強くこする行為、目を強く閉じる行為は禁じて下さい。
4.手術後、飲酒・タバコは3~4週間は禁じて下さい。傷跡の直りが遅くなります。
5.コンタクトレンズの着用は2週間以降からして下さい。2週間の間はメガネやサングラスを着用して下さい。
6.簡単なメイクは2週間後からして下さい。まつ毛エクステは約1ヶ月後から可能です。
7.お風呂やサウナは約3週間は避けて下さい。