メニュー 閉じる

エラ削り

エラ削りとは?

下顎の角が突き出ている顔は全体的に輪郭が多く見えるだけではなく印象も頑固なイメージになります。このように顔の輪郭を決める顎のラインは初印象に大事なことで、エラ削りは広くて角があるエラを面長で立体感がある顔に変えられます。

手術前・後の写真

エラ削りが必要な方

KOKO美容外科のエラ削りの特別なところ

下顎角の切除術

手術方法

耳の下から口元のところまでの下顎を長い曲線で緩やかに切除する手術です。正面から見る際四角の角のある下顎が柔らかいラインの顔の輪郭に変わり、左右非対称がひどい場合にも矯正できます。

皮質骨の切除術

人の体の骨構造は外皮質骨⁻海綿骨⁻内皮質骨で構成されています。

皮質骨はこの中で最も外側の硬い骨の組織の外皮質骨です。この外皮質骨の一層のみ繊細に切除して顔のふくらみを縮小できます。

手術方法

皮質骨の切除はバナナの皮をむくように骨の外側を切除して面長の効果がある手術です。
正面から見ると大きいの効果があります。
また筋肉や脂肪が同時に発達してる場合は同時に除去してもっと多くの効果が得られます。

筋肉縮小術

手術方法

医療用の針を利用して高周波を流されて筋肉の一部を燃やして縮小する手術です。一度燃えた筋肉は再生しなくて半永久的です。

特に咀嚼のため咬筋が発達してる場合は厚くなっている筋肉を縮小させることで面長に見える効果が得られます。

バッカルファット除去

顔の側面にはこめかみのところから唇の横のところまで長く繋がっている脂肪の塊りがあります。医学用語で‘頬部脂肪’と言いますが特にこの脂肪が頬の周辺に肥大になっている場合頬が目立って見えることになり、これを「バッカルファット」といいます。普通幼年期にあって成人になりつつなくなりますが、成人になっても残っている場合もあります。

手術方法

口の中を通して脂肪を除去します。無理して脂肪を除去してる場合周りの神経組織や唾液腺などを損傷する危険があり頬のくぼみができる可能性があるので正確な位置を把握して4~5ccの脂肪を熟練者の技術として除去します。

手術後の注意事項

1.手術後2日間はむくみと痣ができますがその以降およそ2週間にかけて徐々に消えていきます。
2.手術後2~3日間のアイスパックは止血及びむくみと痣を最小にするのに重要な役割をし、以降はホットタオルで温めて血の流れをよくさせた方が良いです。
3.手術後2週間は常に頭を高く維持することがむくみ取りに役に立ちます。
4.お酒と喫煙:円滑な血液供給と組織再生、炎症と副作用の最小化するために手術後4~5週間は禁煙と禁酒してください。
5.切骨した骨が完全に治る4週間まではぶつかったり転んだりすることがないようにご注意して、睡眠する際は片方に骨が押されないように仰向けの姿勢でお眠りになってください。