メニュー 閉じる

短い顎手術

短い顎手術は?

短い顎は顎先の成長低下によって顎が内側に入り短く見える場合のことです。顎先が内側に入っていたり、長さが十分でないため全体的に顔が非対称になります。そのため、口が突出しているように見えて 頑固でぼっとしている印象を与えます。このような場合の補型物の挿入術、顎先の前進術、自己脂肪移植手術を通して矯正します。

短い顎の手術対象

KOKO美容外科の短い顎手術の特別さ

短い顎の手術方法

補型物の挿入術

短い顎の症状がひどくない場合には顎先に補型物を挿入し、サイズを大きくしたり位置を変更する方法です。

手術方法

1.顎先の粘膜を2~3cm切開します。

2.骨膜を引き上げて補型物の位置を作った後、補型物を挿入して固定します。

3.切開部位を縫合します。

脂肪移植手術

太もも、腹部などの身体部位から脂肪を採取して短い顎に何層にわたって移植する方法です。

手術方法

1.太もも、腹部などの部位から不要な脂肪を採取した後、純粋脂肪を採取します。
2.顎先の方に切開なしに注射で脂肪を移植します。

ヒアルロン酸

手術方法

ダウンタイムを待てない場合や手術を恐れて簡単に施術したい場合に使用する方法です。短い顎のところにヒアルロン酸で顎ラインを整えます。顎の力が強い場合必要によっては前顎のボトックスを同時に施術する場合もあります。

顎先前進術

顎先の骨を切骨して前方へ動かす手術方法です。
切骨する角度によって顎先の長さの調節が可能で顎の形が自然になります。

1. 顎先のところに2~3cm切開します。
2. 骨膜を引き上げての顎先を露出させた後、計画した切骨線に合わせて切骨します。
3. 切骨した後、骨の下の切れを前進する分前の方に引き出します。
4. 引き出した骨を固定して切骨した部位を縫合します。

顎ライン補型物と切骨の違い点

“補型物は顎ラインの変化が少ないですが切骨は顎ラインの変化が大きいです。”

手術後の注意事項

1. 手術後、アイスパックは手術直後からむくみが収まるまで続けることがお役に立ちます。

2. 手術後、一日間は断食してから7日間柔らかいもの(重湯、ジュース、牛乳などの流動食)を飲まなければなりません。

3. 手術後、2週間後からはほぼ日常の食事が可能ですがおかずは切って食べて、硬い食べ物は4週間以降から食べたほうがいいです。

4. 手術後、3~4日ほど顔に圧迫バンドをしてお眠りになる時は頭を下げたりうつぶせになる行動は避けて、柔らかい枕を2~3つの支えてお休みになることが痛みを抑えることにお役に立ちます。

5. 手術後、口の中の炎症や感染を防ぐために食事後は必ずうがいをして口の中をきれいにしてください。

6. 手術後、飲酒と喫煙は傷の治りを遅らせるので控えて、控えられない場合には3~4週間後から可能です。

7. 手術後、ダウンタイムの間は強い衝撃にご注意してください。