メニュー 閉じる

前頬手術

前頬手術とは?

前頬とは顔の正面から目の下、鼻の横、ほうれい線の上の部分のところを言い、正面から額の次で広い部分です。

前頬の部分が広かったり陥没した場合横頬骨が広く見えてぐったりしてる印象になります。
この場合に補型物でボリューム感を生かしたら立体的でバランスを合わせる顔型に変わり、より童顔で元気がある顔型になります。

前頬手術対象

KOKO美容外科の前頬手術の特別さ

前頬手術の方法

手術方法

1. 口の中を切開します。
2. 神経を避けて補型物を整えて挿入します。
3. 切開した口内の粘膜を溶ける糸を利用して縫合します。

手術後の注意事項

1. 手術後、アイスパックは手術直後からむくみが取るまで続けることがお役に立ちます。
2. 手術後、一日間は断食してから7日間柔らかいもの(重湯、ジュース、牛乳などの流動食)を飲まなければなりません。
3. 手術後、2週間後からはほぼ日常の食事が可能ですがおかずは切って食べて、硬い食べ物4週間以降から食べたほうがいいです。
4. 手術後、3~4日ほど顔に圧迫バンドをしてお眠りになる時は頭を下げたりうつぶせになる行動は避けて、柔らかい枕を2~3つの支えてお休みになることが痛みを抑えることにお役に立ちます。
5. 手術後、口の中の炎症や感染を防ぐために食事後は必ずうがいをして口の中をきれいにしてください。
6. 手術後、飲酒と喫煙は傷の治りを遅らせるので控えて、控えられない場合には3~4週間後から可能です。
7. 手術後、ダウンタイムの間は強い衝撃にご注意してください。