メニュー 閉じる

目元矯正手術

先天的 眼瞼下垂

眼瞼下垂とは先天的に目覚めた筋肉(上眼瞼挙筋)の力が弱くて、片方または両方の目蓋をきちんと持ち上げなくてまぶたが下げていることを言う。

眼瞼下垂があると、目の大きさが小さくて眠いように見えるし、補償作用で額の筋肉を無理に使用して 目蓋を開こうとするために眉毛が過剰に上がっていて額にシワが生じることもあります。 また、正面を眺める時に顎を上に上げるようにします。

特に、片方にだけ眼瞼下垂がある場合には両目の大きさの差が出るのでさらに目立ちます。

先天的 眼瞼下垂手術対象

手術方法

目蓋を開く筋肉の筋膜の象眼検挙筋膜を節制したり、糸で縛って長さを短縮させます

老人性眼瞼下垂

年を取れば、老化によって肌の弾力が落ちてまぶたが張られ、眼下に部分に脂肪が積もって垂れ下がるようになります。

老人性眼瞼はこのような現象を矯正する手術で、目の上を矯正する手術で、目の上を矯正する「上眼瞼」手術と目の下側を矯正する「下眼瞼」手術に分けられます。

お年寄りの方々が、二重まぶた手術する時一番重要なのは、まぶたのたれが完全に解消されなければならないということと、やり過ぎて印象が悪く見えないようにすることです。 眉の位置とまぶたの 垂れの程度を確認し、これによって眉の上と下の肌を切り取ったり、あるいは一般的な上眼瞼手術を通じて自然的な二重を作らなければなりません。

上眼瞼詳しく見る

下眼瞼詳しく見る