メニュー 閉じる

微細脂肪移植

KOKO美容外科の脂肪移植

賢い彼女たちの脂肪移植
KOKO微細脂肪は?

KOKO脂肪で行う微細脂肪移植とは?

腹部、太もも、お尻など不要な脂肪が多い部位から脂肪を採取し、遠心分離器を使用して純正脂肪のみを取った後、顔に移植する施術です。瘦せている顔に単純に脂肪を注入するのではなく、個人の顔型を考慮しながら丹念に移植を行うため自然に小さい童顔の効果が得られます。

微細自家脂肪移植のPOINT

少量の脂肪を各階に均等に移植して、遥かに滑らかです。 専門医療陣の精巧な施術で腫れやあざを大幅に減らし、ダウンタイムが短いです。

微細自家脂肪移植の手術対象

1.額の陥没や非対称がある場合
2.まぶたの陥没がある場合
3.低い鼻を高めようとする場合
4.瘦せている頬にボリューム感を入れたい場合
5.ほうれい線の改善が必要な場合
6.角張っている顔ラインを矯正したい場合
7.ボリュームのある童顔をご希望の場合
8.保形物など異物の挿入が怖い場合

微細自家脂肪移植の手術部位 額

手術後の注意事項

1.手術後、アイスパックは手術直後からむくみが落ちるまで続けた方が役に立ちます。
2.手術後、個人差によって腫れとあざができることがあり、睡眠時はうつ伏せになる姿勢はお控えください。ふわっとした枕を2~3個を重ねて就寝するとむくみや痛みを和らげることに役立ちます。
3.手術後、移植された組織に血管が定着するまでは手術の部位を擦ったり刺激を与えたりすることはお控えください。
4.手術後、3週間後には移植された組織がある程度丈夫になりますので手術前のような日常生活が可能です。

細胞脂肪移植とは?

脂肪組織から抽出·分離·精製された純粋成長因子を濃縮及び複合して手術する方法であり、脂肪細胞の定着率をより増大させる手術方法です。

従来の自家脂肪移植より高める定着率でボリューム感を持続的に保て、老化を延ばしながら肌トーンの改善効果を得られます。
くぼんでいる顔面の部位に手術を行い、顔にボリューム感を与えると共に童顔で立体感のある顔型を作ります。

細胞脂肪移植のPOINT

培養や細胞の変形がほとんどなく多くの細胞が得られます。また、簡単な採取過程であるため日常生活に差し支えません。

細胞脂肪移植に使われる幹細胞

成体幹細胞が含まれており培養せずに高濃縮の幹細胞を抽出するため、遺伝子の変形がほとんどありません。成長因子の濃縮力が高く、移植された脂肪に栄養分が供給されながら周りの組織の成長を助けます。弾力のある皮膚になり顔のしわにも効果があります。

細胞脂肪移植の手術対象

1.顔のボリューム感を望む場合
2.顔がくぼんだり垂れて老けて見える場合”
3.保形物を使わずに胸やお尻のボリュームを望む場合
4. 角張っている顔ラインを矯正したい場合
5. ボリュームのある童顔をご希望の場合
6. 保形物など異物の挿入が好まない場合

細胞脂肪移植手術方法

腹部や太ももから移植用脂肪と幹細胞抽出用の脂肪組織を採取し、リポート装備を利用して純粋脂肪を空気の露出がほとんどなく抽出し、セルディッシュを使って幹細胞を抽出した後、混合してデザインされた部位に移植する手術です。

細胞脂肪移植の手術部位

■ボリューム

■しわ

■体型

手術後の注意事項

1.手術後、アイスパックは手術直後からむくみが落ちるまで続けた方が役に立ちます。
2.手術後、個人差によって腫れとあざができることがあり、睡眠時はうつ伏せになる姿勢はお控えください。ふわっとした枕を2~3個を重ねて就寝するとむくみや痛みを和らげることに役立ちます。
3.手術後、移植された組織に血管が定着するまでは手術の部位を擦ったり刺激を与えたりすることはお控えください。
4.手術後、3週間後には移植された組織がある程度丈夫になりますので手術前のような日常生活が可能です