メニュー 閉じる

内視鏡の豊胸手術

内視鏡の豊胸手術は?

豊胸手術はシリコンパックが入る空間を作る手術であり、手術が正確できちんと行われてこそ成功すると言えます。

豊胸手術の際、手術道具を通して内部の剝離が行われます。そのため筋肉・神経・血管の損傷が頻繁で、また出血が多くなり左右の胸の非対称、シリコンパックの偏り、拘縮現象などの副作用が生じる可能性が高いです。

最先端の内視鏡を使用して綿密で正確に乳房の構造を確認します。それからシリコンパックが入る正確な位置と切開範囲を最小化して行います。

内視鏡の豊胸手術の対象

KOKO美容外科の内視鏡の豊胸手術の特別さ

シリコンパックの種類

手術の切開部位

切開部位を間違えるとシリコンパックが入る空間が合わなくてシリコンパックずれたり、乳頭の形が合わなかったりします。これが原因で胸の形の変形まで至りますので熟練された専門医と相談した上で決めることが大事です。

脇の切開法

脇のしわの部位に3CM程度を切開してシリコンパックを入れる方法で最もよく使われる方法です。

脇のしわに沿いの切開であるため胸の部位には傷跡がありません。6カ月後は傷跡がほとんど目立ちません。

乳頭の切開法

皮膚色が濃い乳輪を1.5CM程度を切開してシリコンパックを挿入する方法で傷跡がほとんど残りませんが、乳頭の感覚が少し低下する可能性があります。胸が弛みすぎたり、出産後乳輪が大きくなって乳輪縮小と同時にリフトをしながらシリコンパックを挿入できるので1回に2つの手術が出来ます。

胸の下の切開法

乳房と上腹部の間の境界のしわ部位に3CM程度切開して手術する方法です。

手術部位を直接確かめらるため、希望する形のシリコンパックが入る空間を正確に作って挿入出来ます。また再手術及び矯正をする場合にもメリットがあります。

シリコンパックの挿入位置

シリコンパックを挿入する位置によって筋肉下の挿入、乳腺下の挿入それから二重ラインの挿入の3つの方法で区別されます。

筋肉下の挿入法

大胸筋の下にシリコンパックを挿入する方法であり、難易度が高い手術の方法ですが自然な手触りとともにしずく型になれるので最も好まれる手術方法です。

拘縮現象の予防にも役に立つのがメリットですが、ダウンタイムが長いです。

乳腺下の挿入法

大胸筋を基準として上の胸組織の真下にシリコンパックを挿入する方法です。筋肉膨張がないため簡単な手術であり痛みも少ないです。乳腺が発育不全の場合、手術後シリコンパックが触られたり拘縮現象ができやすくなり十分に相談に乗った上で決めるべきです。

二重ラインの挿入法

胸の筋肉下と胸の筋肉上に二重でシリコンパックを挿入する方法であり、手触りが良くて二重ラインの形にならないようにします。

手術後注意事項

1.手術後6時間以降からは食べ物を召し上がることができます。柔らかいお粥や重湯の方がいいです 。
2. 軽いシャワーは手術1週間以降からお浴びください。切開部位の傷が治るためには7日程度かかります。
(お風呂に入ったり、長時間のサウナは手術部位によくないです。)
3.手術後、個人差によって腫れとあざができることがあり、睡眠時はうつ伏せになる姿勢はお控えください。ふわっとした枕を2~3個を支えて就寝するとむくみや痛みを和らげることに役立ちます。
4.手術後、1週間までは腕を90度以上上げないようにしてください。重い物をお持ちになったり、腕に力を入れる行動はお控えください。
5.手術後、3週間目からはジョギングのような軽い運動はなさっても構いませんが、胸の筋トレイニングの場合はシリコンパックを変形させる可能性が高いのでお控えください。
6. 手術後、飲酒及び喫煙は回復を遅らせるのでお控えください。避けられない場合は3~4週間以降から可能です。
7. 手術後、ダウンタイムの間には物理的に強い衝撃にご注意ください。